「小さなケガ」から「美容外科」まで患者様との信頼関係を大切にした医療を実践します。

  • よくある質問

形成外科について

形成外科とは

外傷、奇形、腫瘍などによる体表面の異常(醜状)を主に手術手技により改善し、
その個人の心理的負担を軽くすることを目的とします。

形成外科の対象疾患

外傷および瘢痕

顔面、手足のケガ、瘢痕(傷あと)

腫瘍

[良性]粉瘤、脂肪腫、血管腫、母斑(あざ) etc
[悪性]基底細胞癌、扁平上皮癌 etc

奇形

[顔面]口唇裂、巨口症、眼瞼下垂、小耳症、埋没耳、副耳 etc
[四肢]多指症、合指症 etc

その他

腋臭症(わきが)、陥入爪(巻き爪)、臍ヘルニア、褥瘡 etc

通常、一つの疾患に関していくつかの手術方法が考えられます。
多くの手術経験から、個々の患者様に最適な手術法を提案します。